御香典を囲む金額は、4や9という統計は、避けましょう。

4や9という点数は、「死」や「苦」をビジョンさせます。
そのため不吉とされていますので、気をつけましょう。

そうしてお札は、新表示はよくありません。
古臭いお札を包みましょう。

目新しいお札にすると、前々から亡くなれることを予断し、
香典を準備していた…という意味合いになってしまいます。

お葬式は急性ものです。
そのため「新表示に換えることができず古臭いお札を包みました。」として、
新表示ではなく、古めかしいお札を取り囲むのが儀礼となっています。

そうしてお札の入れ方も決まっています。
弔事の時には、お札の顔が下向きになるように入れます。
気をつけましょう。

御香典は、亡くなられた者と共に同居していた場合には、取り囲む必要はありません。
しかし分立やる親類であれば、香典を包み込むのが一般的です。

御香典の表書きの書き方は、何かと悩むところですが、
香典手提げを包装しておる手提げに、記載されています。家族葬の詳しい情報はこちら

本葬というのは、密葬を行ってから、直後で行なう葬儀のことになります。

たとえば、社葬を行うお客様であれば、
まず最初に密葬を行ない、そしたら社葬といった大規模なお葬式を執り行います。
こういう社葬が、本葬と呼ばれるお葬式だ。

社葬は、大規模なお葬式となることがほとんどです。
また一般的なお葬式とは違い、様々な表現を行い、
個性あふれるお葬式となることが多いです。
そのためお礼を誰にお願いするのか、如何なる表現を行うのか、
どうして進行していくのか、決めなければいけないことがたくさんあります。

そのため社葬には、だいぶ長時間を要します。
社葬には工夫が要る結果、亡くなられてすぐには、執り行なうことができません。
そこで、それでは親せきや遺族、親しかった近隣や友人だけでお葬式を行います。
こういうお葬式のことを、密葬と言います。

そうして社葬の工夫が整ってから、全般会葬輩を呼んで、社葬を執り行います。

一般的には、密葬の帰路、数週間帰路くらいになります。家族だけのお葬式